ばたばたScouting

某青少年育成団体のリーダーを務め始めて早5年。昔の血が騒ぎ始めて猪突猛進中。毎日が勉強です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リーダーミーティング

先日BS隊のリーダーミーティングを行ないました。
詳しくは書きませんが、あまりにも多くのゴタゴタが団の中であり、
まずは隊の中で言いたいことを言って、すっきりしましょうよと
我が隊の「女神さま」からありがたい発案をいただき、彼女の家に集合しました。
BBQをしながら、少しの愚痴と、これからどういう隊活動をやっていこうかという点を中心に、
4時間(!)語りつくしました。

火を囲みながら話すのは時間を忘れますね。
「楽しかった」だけでは済まさないために、以下自分のためのメモ書きです。

「やらされた」活動は面白くないよね。自分たちが楽しいと思う活動を
自ら探し出してほしいよね。
でも、スカウトだけでは面白い活動って思いつかないかもしれない。
だからリーダーが「誘導」して考えることを助けられるようにしたいね。

まずは今夜開かれるGB会議で、試してみます。。。

スポンサーサイト

PageTop

事務局就任(?)

下のエントリーで記事を一部訂正したのですが、それとは別に団の事務局の兼任を依頼されました。
理由は、PCが使えるから(笑)^^;
当団のIT化の道は遠いですね。。。。

でも団事務局で裏方をやってみるのもいいかもしれません。
団会議の運営方法をどうしようかな・・・・

PageTop

風雲、急を告げる・・・・

本日の団会議で問題が発生しました。

以前から噂は聞いていたのですが、来週の育成会総会、
その翌週の入隊・上進式の直前に、VS隊長が辞退を表明されました。
VS隊は隊長が1人の状態だったので、誰も急には引き継げません。

結局BSのリーダーがBS隊とVS隊を同時に引き受けることで、ほぼ決まりました。
正式には、もう一度団会議を開いて決定することにはなるとは思いますが・・・

隊長の2重登録はできないので、登録上は私とBS隊長とで
隊長・副長のタスキ掛けをすることにしました。

→結局これは別の方に引き受けていただくことになりました

これはちょっと気が重いところもありますが、スカウトあってのリーダーですから、
ここは正念場ですね。

来月のVS研修所に行く動機が少し変わりました。
隊の方針やその他モロモロについては、引継ぎ(あるのか?)をして、
VSスカウトと相談していくしかないでしょうね。


→今までどおりBS副長としてVS隊との関わりをどのようにしたらよいか勉強する予定です。

スカウトのためにできることを1個ずつ積みあげていくだけです。

PageTop

ラウンドテーブル

本当はこの記事を書くつもりではなかったのですが・・・
私が個人的にとても尊敬しているbskurosanの記事にこんなことが書かれていたので、トラックバックをお送りします(初トラバです)

>これは大変残念なのですが毎度おなじみの
>VSスカウトのニーズの引き出し方、だとかモチベーションの高め方、だとか
>のHOWTOが主になってしまっています。

>もう少し地区内各隊での連携だとか前に向けた話がでるといいのですが
>スカウトがレポートを書かない、とかプロジェクトニーズを出してこない、
>とかの話に終始しがちです。

>数年前の部門別になる以前のRTのように地区行事の通達しかやらないような
>RTよりは100倍ましですが、それでも回数参加すると毎回似たような話に
>なってしまいます。

私の所属隊の地区でも、先日の土曜日の夜にRT(RoundTable)が開催されました。
今回のテーマは2本立てで、普段は各部門毎で討議しているのですが、今回は
第1部がなんと「団会議」についてというテーマ。。。

部門の垣根を外して全部門のリーダーをグループ分けをし、討議を行ないました。
第2部は普段どおり各部門に戻って、BS部門では来夏の地区キャンプのプログラム
についての討議でした。

(所用で遅刻したのであまりお話ができませんでしたが)違う部門の他隊のリーダーの方の
意見を聞くことができました。
そこで思ったのが、(私もその筆頭ですが)この組織体についてネガティブな意見を持っている人
が多いなぁと。特に今回のテーマ「団会議」について「意味がない」「結論がでない」「普段の活動の妨げになる」など結構辛辣なものが多かったように感じます。
コミッショナーは最後の総括に「一貫教育なのだから、各部門の枠を超えてスカウト達の話を
する場にしてください」とおっしゃっていました。
ごもっともな話ですが、この話はぜひ各団の団委員(長)に聞いてほしかったですね・・・・・

PageTop

VS WB研修所

少し前のお話ですが、地区コミッショナーにWB研修所のための課題研修会について
問い合わせをしたところ、「もう秋の研修所の申込は終了しているので、
課題研も終了しているよー」とのこと。(がびーん)
#そういえば、奉仕で行ったBS講習会の横で課題研やっていたな・・・・orz
ただ、受付してくれる県連があったら、受け入れて貰えるよう支援していただけるとのこと。

ということで、お隣の埼玉県連にLet's電凸!
10/10まで到着分であれば、他県連でも受け入れしていただけるとのこと。(やったー)
埼玉県連のVSのWB研修は「聖地」那須野営場ですから、気合も入ります。
(ちなみにBVSのWB研修所は、東京都連に押しかけて、これまた聖地の山中野営場でした。
これで2大聖地制覇ですな)

ただあと1ヶ月で課題研修レポートを仕上げないと間に合いません。
・・・・頑張ろう。。

とりあえず今日は寝ます。おやすみなさい。

PageTop

GB会議でした

今日は年度最後のGB会議を行ないました。
自隊は2班で活動しており、4名のスカウトが出席です。
普段のGB会議は近隣センターで行なっていますが、今回はある目的のために自宅を使用しました。

1年間のスカウト自身の評価(「反省」という言葉はあえて使わないようにしています)と、
来年度の体制を自分たちで決めてもらいました。
リーダーの事前会議では体制作りは難航するのではないかと予想していましたが、
すんなりと現班長(中2)が共に隊付に、現次長(中2)が来期班長に就任、
次長には新班長から指名したスカウトに確認の上、正式に任命することとなりました。

ある目的とは、実は初めての試みとしてGB慰労会と称し、バーベキューを行なうために、
スカウトたちを招きました。
当初は庭で行なう予定だったのですが、ポツリポツリと雨音が・・・。
雷も鳴っていたので、安全策をとって早急に車庫に移動。
普段のキャンプよりも大いに盛り上がり、たくさん食べてくれました。
(普段からもっと食べろよぉ・・・・・・ブツブツ^^;)

おいしく食べたのは良かったのですが、家の中まで焼肉の匂いが残っていますね・・・・^^;;

PageTop

VS隊長ハンドブック

地区からは正式なアナウンスはされておりませんが、10月にWB研修所が開設されることはわかっていますので、隊長ハンドブックを入手して、勉強を始めることにしました。

しかし、VSの隊長ハンドブックはBSのリーダーハンドブックと比べると、はるかに薄いんですね。
最初は気づかなくて需給部の在庫が切れているのかーと勘違いしていました(汗)

内容については、もう少し勉強を進めないと全貌が見えてこないようです。。

PageTop

他部門の勉強をする

本日正式に隊リーダーの委嘱をいただきました。
今期もBS隊の副長として楽しく、そして厳しくスカウティングをやって行きたいと思います。

ただ、今期はそれとは別に1つ目標を立てています。
それは、「VSの研修所に行こう」ということです。
(他の部門の研修所は、BVSとBSに行かせていただきました)

(将来は別として)今すぐにVSのリーダーをやりたいというとちょっと違うなという感じです。
ただこの運動の基本は「一貫教育」であり、少なくとも自隊の前後の隊については
知っておく必要があろうと考えています。

実際にお会いしたわけではありませんが、WebBlog上でいろいろなご意見を
発信されているVSのリーダーはたくさんいらっしゃるので、
また機会があれば、いろいろなご意見をいただければと思っています。

PageTop

まだ7年?。もう7年?

2015年WSJの日本開催については速報でも既に発表になっていますので、
いまさらここでコメントすることではありませんが、
Pax Ⅳ Hyper+Pax Earthにて、2015年に向けたスカウト育成という興味深い記事が掲載されていました。

「業界」関係者の方ならば大半の方が感じていらっしゃる(と思う)、この運動の衰退を何とか押さえようと日連の方々が労を惜しんで招致したのであろうと感じています。

ただ、これからもっと考えて行かなくては行けないのが、この運動の主役はスカウト達です。
2015年に主役となるスカウトは、今のCS世代・BVS世代。
そしてホストとして運営側に立つスカウトは、今のBS世代となります。

いま、ここの裾野を広げていかなければ、何のための招致なのか分からなくなります。
7年後を目指して「今」を頑張らなければいけないのだなーと感じました。

原隊ではちょうど9月が年度始めです。気分を新たにまた勉強しなおそうと誓った印として、
ここに最初の記事の掲載します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。